top画像
ホーム>>病院のご案内>>病院情報の公表

病院情報の公表

○平成28年度 皆野病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3 12 21 27 51 100 129 178 299 155
平成28年度に退院された患者さまを10歳刻みの年齢別で表示しております。
当院は70歳以上の患者さまが64%と高齢者の占める割合が多いです。これは地域の高齢化や、施設入所されている患者さまが多いためと考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x うっ血性心不全 51 22.54 17.95 7.8% 87
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 45 69.72 21.25 13.3% 81
110280xx99000x 末期腎不全 22 79.83 12.84 4.5% 68
0400800299x00x 細菌性肺炎 16 21.51 12.20 12.5% 83
100380xxxxxxxx 脱水症 14 16 9.33 0% 68
内科では高齢化に伴った、うっ血性心不全・肺炎(誤嚥性・細菌性)が多く見られます。
かかりつけ透析患者様に対する治療を多く行っているため、末期腎不全も多くなっております。
内科疾患で入院される患者さまは他疾患の既往症も多く必要に応じて各診療科との対診やリハビリテーション科の介入も積極的に行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040180xx99xxxx 無気肺 1 2 8.48 0% 1
161020xxxxx00x 熱中症 1 6 5.81 0% 10
150010xxxxx0xx 急性胃腸炎 1 3 5.81 0% 15
060130xx99000x 腸間膜リンパ節炎 1 4 5.50 0% 12
150010xxxxx0xx ノロウイルス性腸炎 1 2 5.81 0% 5
小児科では外来で幅広い診療を行っていますが、入院をして治療を行う場合もあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x00x S状結腸癌(化学療法あり) 20 3.74 7.20 0% 62
150010xxxxx0xx 急性胃腸炎 18 5.22 5.50 5.55% 51
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 12 35 21.25 8.33% 70
060020xx99x30x 胃癌(化学療法あり) 11 11 6.88 0% 64.1
060102xx99xxxx 結腸憩室炎 11 10.72 7.89 0% 66
当院外科では、幅広い疾患を診療していますが、特に多いのが消化器外科の患者様です。その中でも、大腸がん・胃癌の方の術後の化学療法の方が 多くなっております。また、外科かかりつけ患者様が入院した場合は外科医が対応しており、内科的疾患も併せて治療しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx99xx0x 大腿骨骨折 手術なし 15 62.68 15.97 33.33% 85.75
160800xx01xxxx 大腿骨骨折 手術あり 8 68.5 27.63 25% 84.5
160690xx99xx0x 腰椎圧迫骨折 13 40.69 20.57 7.7% 82.3
160990xx99x0xx 多発骨折 4 87 18.35 100% 87.75
07040xxx99xxxx 大腿骨骨頭壊死 2 34 12.41 0% 81
整形外科では、大腿骨骨折術と大腿骨頭置換術が主な手術です。高齢で平均85歳前後の患者さまですが、術後、早期のリハビリ及び回復期病院
やリハビリ専門病院への転院も行い、多くの患者さまが在宅へ早期に退院できるように努めています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx99x0xx 慢性硬膜下血腫 1 16 13.06 0% 78
161040xxxxxxxx 脳挫傷後遺症 1 11 13.19 0% 59
010310xx99x0xx 気脳症 1 11 11.62 0% 52
当院での脳神経外科では専門病院で治療を受けた患者様を、在宅復帰の為に自宅周辺地域での受け入れをしております。MSW・ケアマネージャー・
リハビリスタッフが協力して、在宅復帰をサポートしております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 躯幹帯状疱疹 1 9 8.96 0% 85
080006xx99x0xx 顔面有棘細胞癌 1 2 10.00 0% 85
080110xxxxx0xx 水疱性類天疱瘡 1 24 30.11 0% 55
皮膚科では外来で幅広い診療を行っていますが、入院をして治療を行う場合もあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 1 16 1 0 1 7
大腸癌 3 2 9 33 2 1 2 7
乳癌 0 0 0 0 1 0 1 7
肺癌 0 0 0 3 1 0 1 7
肝癌 0 0 2 0 2 0 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期分類別、及び再発に分けて集計しています。UICC病期分類と
は、UICC(国際対がん連合)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つの要素によって
各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。 当院では胃癌、大腸癌、が大半を占めており、手術、化学療法を主に
施行しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 7 9.86 53
中等症 8 11.25 88.75
重症 7 14.29 84.14
超重症 4 48.5 85.25
不明 0 0 0
成人市中肺炎の重症度を集計したものです。
重症度分類は、A-DROPスコアを用いて、軽症~超重症の4段階で表記しています。
中等度以上の肺炎から平均年齢が大幅に上昇し、以降重症度が上がるごとに平均年齢も上昇しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 1 3 53 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 39 178.03 78.64 28.2
その他 3 66.67 78.67 2.38
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 - 0 0 0 0
脳梗塞における入院患者数を病型別に集計しています。
当院では脳梗塞入院患者のほとんどが「脳梗塞」に分類され、かつ発症から3日以内の患者数が全体の9割以上を占めています。
急性期治療・リハビリ介入の他、回復期病院等への転院も行っています。
なお、「脳梗塞」以外の項目については、症例数が10未満のため、発症日からの日数を分けずに合計数を記載しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術 9 59.44 83.67 22.2 76.67
K7211 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2㎝以上) 5 0.4 1.2 0 78.4
K610-3 内シャント設置術 4 6 19.22 0 66.2
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 3 100 40.33 0 60.6
K503 腐骨摘出術 3 399 73.67 0 83
当院内科において上位5位までの手術について各々集計した結果となります。
①胃瘻造設術(経口にて栄養補給ができない場合などに、腹部から胃までカテーテルを通して直接栄養補給をするための「胃瘻」を造設する手術)
が最も多く、次いで②大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ切除術、③内シャント設置術(血液浄化療法を行うため、血管から血液を導き
出す出入り口を確保するための内シャントを設置する手術)、主に透析患者様に対する④経皮的シャント拡張術・血栓除去術、壊死骨を摘出する
⑤腐骨摘出術となっております。
④⑤に関しましては、長期入院中の方も対象となっているため、術前日数が長期化しております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 15 0.6 5.13 0 69.33
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 1.82 4.09 0 59.73
K6152 血管塞栓術(選択式動脈化学塞栓術) 9 47.22 38.44 11.11 62.89
K7181 虫垂切除術(周囲膿瘍伴わない) 6 0.67 6.33 0 43.67
K7193 結腸切除術(悪性腫瘍) 6 5.33 41.5 16.67 66.83
当院外科において上位5位までの手術について各々集計した結果となります。
①鼠径ヘルニアに対する手術が最も多く、次いで胆のう疾患に対する②腹腔鏡下胆嚢摘出術、肝癌に対する③血管塞栓術、
虫垂周囲膿瘍を伴わない虫垂炎に対する④虫垂切除術、悪性腫瘍に対する⑤結腸切除術、と続きます。
鼠径ヘルニア手術や虫垂切除術については、入院してから手術までの日数が比較的早いことが特徴です。また、術後は早期に退院されています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0811 人工骨頭挿入術(股) 13 17.69 87.38 15.38 87
K0461 骨折観血的手術(大腿) 2 11 88 0 89
K0482 骨内異物摘出術 2 1 3.5 0 67
K0821 人工関節置換術(股) 1 22 3 0 94
K0462 骨折観血的手術(前腕) 1 1 3 0 57
当院整形外科において上位5位までの手術について各々集計した結果となります。
高齢者の転倒などによる大腿骨骨折が多く見られ、それに関する手術が上位5位のうち1・2位となっております。
(①人工骨頭挿入術②骨折観血的手術(大腿))
また、手術後の抜釘として③骨内異物摘出術なども行われています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍手術(単純切除) 1 0 1 0 85
皮膚科では主に外来にて日帰り手術を行っていますが、入院して手術治療を行うこともあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 6 0.63
異なる 0 0
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 1.57
異なる 0 0
入院契機の「同一」・「異なる」の区分は入院の契機である疾患(入院のきっかけとなった傷病)と、入院中の最も治療した疾患が上記4つの病態と
同一か否かということを分けて集計を行った結果を記載しています。
当院では高齢者の方の入院が多く、感染症が重症化する傾向があります。

手術・処置等の合併症の内訳
カテーテル感染症、透析シャント機能低下、透析シャント狭窄、閉塞等
更新履歴
2017年9月30日
病院情報の公表ページを公開