top画像
ホーム >> 診療科・部門>>歯科口腔外科

歯科口腔外科

特徴

■当科は、病院歯科口腔外科として地域の診療所と連携をとり、一般歯科診療所では対応の難しい疾患及び治療を主に行っております。

■鶴見大学歯学部口腔外科学第一講座との強力な連携のもとに、口腔癌を始め、頭頚部領域ほぼ全般の疾患に対応可能であり、大学病院と同等の治療レベルを維持しています。

診療内容

■炎症

歯が原因の感染症に対し、消炎処置、原因歯の処置を行います。

重症の場合は入院の対応も可能です。

 

■外傷

交通事故や転倒などによる歯の脱臼、口唇や舌の裂傷、顎骨の骨折に対し、処置及び手術を行います。

 

■腫瘍

顎顔面、口腔内に発生した良性及び悪性腫瘍に対し、診断、治療を行います。

また、大学病院や近医の放射線科と連携 して、手術療法、化学療法、放射線療法を組み合わせた治療をすすめていきます。

 

■粘膜疾患

粘膜が白っぽくなったり赤くただれたりしている場合、検査や治療が必要となることがあります。

 

■顎関節症 

顎関節部の疼痛や動きの障害に対し、MRIによる画像診断、マウスピースを使った保存療法や薬物療法、外科療法を行います。

 

■顎変形症

上下顎骨の大きさや形態の異常で、噴み合わせや顔面の形態、変形に対し矯正歯科専門医と連携して手術を行います。

 

■静脈内鎮静法

点滴から薬を入れ、楽な気持ちで治療を受ける事ができる方法です。

親知らずの抜歯、小手術に加え、高血圧等の基礎疾患をお持ちの方や歯科治療恐怖症の患者さんが適応となりますが、まずは担当医師にご相談ください。

外来受付時間

■毎月第1・第3火曜日 午前診

 

※一次医療機関からの照会を中心に、病診連携を行っています。可能な限り、紹介状をご持参ください。

医師紹介

●渡邊 英継(医療法人 渡邊歯科口腔外科医院 理事長)