top画像
ホーム >> 診療科・部門>>神経内科

神経内科

治療可能な認知症を見極める!これが神経内科の使命です。

神経内科とは

神経内科は馴染みの薄い科と思われますが、大学の講座として認可されて約40年が経ちます。

対象の病気としては、国民病である脳卒中から、神経難病といわれるパーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症、脊髄変性症、多発性硬化症、重症筋無力症、昔流行った脚気=ビタミンB1欠乏性神経炎から顔面神経麻痺まで、要するに脳という中枢から筋肉や筋肉に命令を送る末梢神経や、脳神経までの神経の病気を診る内科です。

神経の病気を診る外科=脳外科が有名ですが、内科的な方法が主な病気は内科で診る方向になって来ています。

精神科のような面談等を用いて、心の闇を解き明かすことは得意でありませんが、認知症のように血液や脳の一部や脳全体に病気の原因のある多様な病気の集合体に対しては強い科です。

脳幹梗塞発症で発見された突発性正常圧水頭症の一例
annai02.pdf
PDFファイル 207.0 KB

【 神経内科の今後 】

 今後アルツハイマー病の患者が増えてくると認知症の原因疾患の究明が必要です。認知症の原因によっては治療可能な認知症もあります。
(皆野町医療講演会より

医師紹介

●伊藤 敬