top画像
ホーム >> 診療科・部門>>臨床工学科

臨床工学科

透析室の紹介

 皆野病院透析室は、平成13年1月にオープンした環境の整った透析施設です。また病院近隣には観光スポットとしても有名な「長瀞町」や「秩父市」などもありますので観光の際などには随時、臨時透析も受け入れております。お気軽に御連絡下さい。

皆野病院透析室は、患者様が日常生活の一部として快適な透析生活を送っていただける様、スタッフ全員で看護に携わっております。ここでは清潔感溢れる透析室を御紹介致します。

透析室の入り口です。室内はバリアフリーとなっており、患者様にやさしい造りとなっております。

患者様のロッカールームです。冷暖房完備で、快適な空間です。


隔離透析室です。感染症患者様や、重症患者様の徹底した治療環境が整っています。

透析室内です。各ベッドにはテレビが備え付けてありますので快適な透析が行えます。


■透析とは?

透析とは?
・体内の老廃物を除去する。 
・体内の水分を調節する。 
・体内の電解質を調節する。 
・血液のpH(酸性、アルカリ性)の是正を行う。

 

 血液透析とは腎臓の機能が衰えている患者さんに対して、ダイアライザーと呼ばれる人工透析器によって、体の外で血液中の老廃物や余分な水分を取り除き、再び血液を体の中に戻す治療法です。

 


 しかし、人工腎臓では健康な腎臓の一部の機能しか代行することができません。本当の腎臓が24時間休みなく働いているのに、血液透析と言う人工腎臓は合計しても1週間12~15時間しか働いていませんので、効率という点では正常腎の10%にもなりません。したがって、血液透析を行っている人は、食事をはじめ日常生活のいくつかの点で、制限が必要となってきます。 

 左の写真は透析中の様子です。

 写真の中央にある器械が透析装置です。透析装置のまん中あたりに丸いポンプがありますが、これは体内の血液を人工腎臓まで導く為のポンプです。血液が人工腎臓の内部に入ると、不要な毒素や水分などは除去され、逆に体に必要な電解質など(カルシウムなど)は補充されます。その後、浄化された血液は体内に戻り、この一連した流れを一回4時間程度行う必要があります。

 

「透析って、体の血を入れ替えるんですか?」と良く質問される事があります。しかし、血を入れ替える訳ではありません。老廃物を含む自分自身の血液を浄化し、浄化した血液を体に返してあげるのが透析療法だからです。

■腎臓のお話

 腎臓は毎日どのような働きをしているのか、皆さんは御存知でしょうか?? 恐らく大部分の方は尿を作る場所だと答えるはずです。尿を作るのも、もちろん腎臓の重大な仕事の一つですが、他にも沢山の働きをしています。

 

~腎臓の働き~

 血液の老廃物を排泄し、食欲不振や身体の不調を解消する。 
血液の水分や塩分のバランスを一定に保つ。 
造血ホルモン(エリスロポエチン)を分泌し、赤血球を増やす。 
ビタミンDを活性化し、骨を丈夫にする。 
血圧を調節する。 
 腎臓が何らかの原因によって、数カ月から数年に渡って弱ってしまった状態を慢性腎不全(まんせいじんふぜん)と言います。慢性腎不全になると上記の腎臓の働きが衰え、身体に老廃物や水分などが溜まったり、貧血が進行したり、骨などが弱くなったりします。一度慢性腎不全になると回復は期待できない為、徹底した食事療法や日常の生活管理によって、進行を遅らせる治療を行います。

~腎臓病のお話~
 腎臓病は、腎臓そのものが悪くなって起こる場合と、他の病気から影響を受けて起こる場合があります。腎臓病はほとんど自覚症状がなく進行する為、早く発見する事が重要です。下記に慢性腎不全の原因疾患の一部を御紹介します。

■糸球体腎炎 血液を濾過して尿を作る「糸球体」と呼ばれる部分に炎症が起きる病気。
■糖尿病性腎症 糖尿病によって糸球体が悪くなり、血液を濾過して尿を作る働きが著しく低下する病気。
■腎硬化症 高血圧や動脈硬化によって腎動脈が悪くなり、血流障害が起きる病気。
■のう胞腎 遺伝性で、腎臓に液体がたまった袋がたくさんでき、腎臓を圧迫して働きが低下する病気。


 慢性腎不全の原因として、最近は糖尿病性腎症が増加しています。食習慣の欧米化などが原因の一つとされていますが、日常の生活習慣なども大きく関与しています。

~腎臓病の一般的な症状~
全身がむくみ 
尿に変化がある。(尿量の増減、尿が泡立つ) 
体がだるい。 
貧血 
食欲がなくなる。 
吐き気がある。 

~一般的に行われる腎臓病の検査~
尿検査や血液検査などを行い、病気の種類や状態を調べます。

尿検査
尿蛋白
尿中の蛋白量を測定する。腎臓の働きが正常な時は、血液を濾過する際に、蛋白を血液へ戻しますが、病気になると尿中にもれてしまいます。したがって、尿を取って淡白の量を調べる事で、腎臓の状態がわかります。
尿沈渣
尿を遠心分離器にかけ、沈澱した固形物を調べる。 沈殿物(赤血球、細菌、円柱など)を顕微鏡で見て、病気の種類や程度を調べます。 
血液検査 
尿素窒素(BUN) クレアチニン(Cre) 血液中の量を測定する。 尿素窒素、クレアチニンは血液中の老廃物です。腎臓が正しく働かなくなると、尿中に排泄されず血液中に溜まる事から、血液を取ってこれらの量を計り、腎臓の状態を調べます。

■治療の詳細

~当院で行われている血液浄化療法~
血液透析(HD)
血液透析濾過(HDF)
血液濾過(HF)
血液吸着(薬物吸着、エンドトキシン吸着)
~透析日の詳細~
月水金 午前の部 AM8:30~  午後の部 PM13:30~PM18:00  夜間の部 PM17:00~PM22:00
火木土 午前の部 AM8:30~  午後の部 PM13:30~PM18:00
尚、透析日については相談に応じます。また希望により送迎も可。
*透析患者様の、透析室内見学も随時募集しております。
見学希望の方は事前に連絡をお願い致します。 

~旅行透析(臨時透析)の患者様へ~
当院では、臨時透析も受け入れております。旅行、出張などの際などにはお気軽に御連絡下さい。

0494-62-6300(内線241) Fax 0494-62-6010
電子メールでのお問い合わせはこちら minano-hd@fureaihosp.or.jp