top画像

薬剤科

           調剤室風景
           調剤室風景

 当院薬剤科は、調剤、医薬品の供給と管理、品質管理、医薬品情報の収集と提供、服薬説明などを行っています。それ以外にも抗がん剤の無菌調整などを行い、医薬品が適正に使用され、患者さんにより安全で効果的な薬物治療が行われるように様々な業務に取り組んでいます。また、医師、看護師とともにチーム医療として治療に必要な情報の提供を行い、医薬品の安全確保と適正使用を推進しています。

調剤業務

 医師の処方箋(せん)に基づいて、飲み合わせ、副作用・用法容量・飲み方等の確認を行い、患者さん一人一人に適した形で調剤を行っています。また、患者さんがお薬を正しく服用できるように、薬の効果・使い方、注意点等の服薬説明、患者さんからのお薬に対するご相談も受け付けております。

薬剤管理指導業務

 薬剤管理指導とは、入院患者さんを対象として、調剤、医薬品管理、医薬品情報管理、薬歴管理、服薬指導などの薬剤師業務のことを言います。

当院薬剤科では、薬剤師が病棟に常駐し、薬剤管理指導業務を行っています。

薬剤管理指導は、患者さんの服薬のコンプライアンスを高めることができ、副作用発現の防止・早期発見、医師・看護師が必要とする医薬品情報を提供することによるチーム医療の充実などを目的として行っています。

注射薬調剤業務

 入院患者さんの注射薬を注射処方箋(せん)に従って、患者さんごとに1本渡しにて調剤して、病棟に払いだしています。調剤の前には、配合変化、相互作用、投与経路、投与速度などを確認し、疑問がある場合は医師への問い合わせをしています。

抗がん剤混注業務

 当院では外来や病棟にて化学療法を行う際に投与される抗がん剤の混注を行っています。調整時は薬液が漏れて皮膚などに暴露しないように薬剤師が防護服を着て安全キャビネットにて操作を行っています。また、調整前に患者さんの体重、体表面積臨床検査値、アレルギー歴等の基本情報を基に投与量や投与スケジュールの確認を行い、患者さんに薬剤師が薬の説明を行うことにより有効で安全な治療ができるように努めています。

薬品管理

        医薬品の発注業務
        医薬品の発注業務

 薬局、病棟、外来、手術など、病院内における医薬品の購入と保管、そして各部署への一貫した供給と管理を行っています。

また、各部署に配置してある医薬品の在庫数や、使用期限の確認、品質(温度・湿度・光)の管理を行うことにより、患者さんが適切な薬を使用できるように努めています。

DI(医薬品情報管理業務)

 薬が有効かつ適切に使用されるように情報を収集・管理し、患者さんや医師、看護師などのほかの医療スタッフに情報を提供しています。