top画像
ホーム>>病院のご案内>>病院情報の公表 H31

病院情報の公表

平成30年度 皆野 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3 10 23 21 38 57 151 241 348 175
平成30年度に退院された患者さまを10歳刻みの年齢別で表示しております。
当院は70歳以上の患者さまが71%と高齢者の占める割合が多いです。これは地域の高齢化や、
施設入所されている患者さまが多いためと考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 48 22.5 20.92 14.58 80.71
050130xx99000x 心不全 24 18.63 17.66 8.33 83.67
030400xx99xxxx 前庭機能障害 15 5.67 5.10 6.67 72.67
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸症候群 16 2 2.04 0 61.2
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 13 14.77 12.58 7.69 71.46
内科では高齢化に伴った、心不全・誤嚥性肺炎が多く見られます。
また、前庭機能障害(めまい症候群)による入院も多く見られます。
次いで、睡眠時無呼吸症候群の検査入院、腎臓または尿路の感染症(膀胱炎・急性腎盂腎炎等)となっています。
内科疾患で入院される患者さまは他疾患の既往症も多く必要に応じて各診療科との対診やリハビリテーション科の介入も積極的に行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x 腸閉塞・イレウス 28 7.36 8.95 7.14 74.21
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 16 6.25 4.96 0 76
060040xx99x60x 直腸癌 12 2.25 4.33 0 64.92
060102xx99xxxx 結腸憩室症 10 8.8 7.75 10 53.5
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 9 22.22 10.08 0 88.11
当院外科では、幅広い疾患を診療していますが、特に多いのが消化器外科の患者さまです。
もっとも多いのが、様々な原因による腸閉塞となっております。
次いで多いのが鼠径ヘルニアの手術目的での入院となっております。
続いて大腸癌の方の術後の化学療法の方となっております。
次いで、結腸憩室症、胆管(肝内外)結石、胆管炎となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 変形性膝関節症 24 27.5 24.26 0 75.21
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 22 42.55 26.30 13.64 78.64
160690xx99xx0x 胸椎・腰椎圧迫骨折 8 28.63 19.61 25 79.13
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折(手術なし) 8 12.88 14.45 62.5 82.5
160760xx97xxxx 前腕の骨折 6 6.33 5.68 0 72.17
当院では専門医による変形性膝関節症の患者様の、人工関節置換術(膝)を積極的に行っており、1つの特色となっております。
次いで、骨粗鬆症を伴う股関節・大腿骨の骨折、骨胸椎、腰椎以下骨折損傷(腰椎・胸椎圧迫骨折)の患者様が、高齢化により増加傾向にあります。
股関節・大腿骨の骨折は発症から手術への時間が短いほど、術後の予後が良化する傾向があるため、当院での手術が直ぐには出来ない場合は、
他院への転院も行っております。
術後を含め、早期のリハビリ及び回復期病院やリハビリ専門病院への転院も行い、多くの患者さまが在宅へ早期に退院できるように努めています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 1 4 8 1 2 1 7,8
大腸癌 2 1 3 19 1 7 2 8
乳癌 0 3 0 1 0 2 1 8
肺癌 0 2 0 1 0 1 1 8
肝癌 1 0 0 1 0 0 2 0
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さまの人数を初発のUICC病期分類別、及び再発に分けて集計しています。UICC病期分類と
は、UICC(国際対がん連合)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つの要素によって
各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。 当院では胃癌、大腸癌、が大半を占めており、手術、化学療法を主に
施行しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 3 60.67 64
中等症 19 23.95 85.37
重症 18 18 86.33
超重症 3 21 82.67
不明 0 0 0
成人市中肺炎の重症度を集計したものです。
重症度分類は、A-DROPスコアを用いて、軽症~超重症の4段階で表記しています。
高齢になる程、重症化する傾向にあり、中等度以上の肺炎から平均年齢が大幅に上昇しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 40 19.63 80.03 26.09
その他 6 39.33 77.5 2.17
当院では脳梗塞入院患者さまのほとんどを占めているのが発症から3日以内となっています。
急性期治療・リハビリ介入の他、回復期病院等への転院も行っています。
その他については、当院救急外来より、転院した患者様が急性期治療を終え、在宅復帰に向けリハビリ目的で
当院に再転院するケースとなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 5 92.6 96.2 0 81.2
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 4 97.75 101 50 77.5
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 2 15.5 5.5 0 66.5
K610-3 内シャント設置術 2 22 22.5 0 68
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 2 4 2.5 0 72
当院内科において上位5位までの手術について各々集計した結果となります。
内科かかりつけ患者様の合併症に対する手術が主となっております。
最も多いのが①内視鏡的消化管止血術、次いで、②胃瘻造設術(経口にて栄養補給ができない場合などに、
腹部から胃までカテーテルを通して直接栄養補給をするための「胃瘻」を造設する手術)、胆のう結石症・胆のう炎
に対する③腹腔鏡下胆嚢摘出術、透析患者様のシャント閉塞症に対する④経皮的シャント拡張術・血栓除去術、
⑤内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)となっております。
①②に関しては長期入院中の方の合併症治療である為、術前・術後日数が多くなっております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 17 2.18 7.18 0 75.59
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 14 7.79 7.43 0 72.5
K681 胆嚢外瘻造設術 6 3.67 61.67 0 89.17
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 6 12.5 22.5 0 79
K714 腸管癒着症手術 5 4.2 21.4 0 78.8
当院外科において上位5位までの手術について各々集計した結果となります。
最も多いのが①鼠径ヘルニアに対する手術となっております。
また、当院では胆のう疾患に対して、患者様への負担が少ない、腹腔鏡での手術を積極的に取り入れております。
そのため②腹腔鏡下胆嚢摘出術が2番目に多くなっております。
全身状態によっては③胆嚢外瘻造設術を施行して状態が落ち着いてから施行しております。
悪性腫瘍に対する④結腸切除術、イレウスに対する⑤腸管癒着症手術、と続きます。
鼠径ヘルニア手術については、入院してから手術までの日数が比較的早いことが特徴です。また、術後は早期に退院されています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 29 2.14 28.9 6.9 76.48
K0461 骨折観血的手術(大腿) 14 3.43 67.43 14.29 75.79
K0811 人工骨頭挿入術(股) 12 5.83 31.17 8.33 84.58
K0462 骨折観血的手術(前腕) 7 1.29 6.43 0 76
K0463 骨折観血的手術(足) 2 6.5 25.5 0 55
当院整形外科において上位5位までの手術について各々集計した結果となります。
当院では、専門医により、変形性膝関節症に対しての①人工関節置換術(膝)を積極的に、
施術しております。
また、高齢者の転倒などによる大腿骨骨折が多く見られ、それに関する手術が2・3位となっております。
(②骨折観血的手術(大腿)③人工骨頭挿入術)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 3 0.29
異なる 4 0.38
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 1 0.1
180040 手術・処置等の合併症 同一 6 0.57
異なる 2 0.19
入院契機の「同一」・「異なる」の区分は入院の契機である疾患(入院のきっかけとなった傷病)と、
入院中の最も治療した疾患が上記4つの病態と同一か否かということを分けて集計を行った結果を
記載しています。
当院では高齢者の方の入院が多く、感染症が重症化する傾向があります。

手術・処置等の合併症の内訳
カテーテル感染症、透析シャント機能低下、透析シャント狭窄、閉塞等
更新履歴
2019.9.27
公開