top画像

インフルエンザ予防接種のご案内
詳細は「インフルエンザ予防接種のご案内」をご覧ください。

~風しんが流行しています~
  • ●風しんウイルスに感染すると、約2~3週間後に発熱・発疹(皮膚の赤いポツポツ)、首のリンパ節が腫れるなどの症状が現れます。
  • ●発疹の出る前後約1週間は、人に感染させる可能性があります。
  • ●子どもが感染した場合、症状は比較的軽いですが、まれに脳炎や血小板減少性紫斑病などの合併症が、2,000人~5,000人に1人くらいの割合で発生することがあります。
  • ●大人が感染した場合、発熱や発疹の期間が子どもに比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。
  • ●風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの女性が風しんウイルスに感染すると、眼や心臓、耳などに障害をもつ(先天性風しん症候群)子どもが出生することがあります。(妊娠1か月でかかった場合50%以上、妊娠2か月の場合は35%などとされています。)
  • 妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、特に流行地域においては抗体を持たない又は抗体価の低い妊婦は、風しんが発生している地域では可能な限り不要不急の外出を避けていただき、やむを得ず外出をする際には可能な限り人混みを避けるなど、風しんにかからないよう注意してください。
  • また、妊婦の周りにいる人(妊婦の夫、子ども、その他の同居家族等)は、風しんに感染しないよう予防に努めてください。
  • ●受診やワクチン接種の必要性など、気になる方はお近くの医療機関や保健所にお問い合わせください。

一般内科医急募!
詳細は「医師採用情報:募集要項」をご覧ください。

急募!リハビリテーション室スタッフ募集中
詳細は「採用情報:理学療法士・作業療法士」をご覧ください。
  • 外来診療担当表
  • 検診・人間ドック
  • 糖尿病教室

お知らせ

リンク集